◆賃貸選びに参考にしたいポイントをまとめました

このサイトでは、気になる賃貸物件が見つかって現地見学の結果納得して借りたい気持ちが固まってからの手続きについてわかりやすく解説をしています。
借りたい物件が見つかったら最初にする入居申込みの手続きや、その後に行われる入居審査のポイントなどについて初めて物件探しをする方にも安心な丁寧な説明つきです。
入居審査では主に家賃の支払い能力がチェックされますが、最近では家賃を延滞してしまった場合の保証金となる敷金が不要の物件も登場しています。当サイトでは、そういった背景についても参考になる情報をお届けしていきます。

保証人も敷金も要らない賃貸物件

保証人も敷金も要らない賃貸物件 賃貸物件を借りて住むには、いくつかの義務があります。まずは毎月の家賃をきちんと支払う義務、そしてその物件から退去する時には室内を元通りにして大家さんに返す現状回復の義務が代表的です。
賃貸契約を正式に交わすには、借り手が果たすべき家賃の支払いや原状回復の責任を本人に代わって負う連帯保証人が求められるのが一般的です。また正式に契約を交わす際には、初期費用のひつとして敷金が組み込まれています。敷金は契約の担保金で、延滞家賃や退去時の修理・リフォーム代に充当するために家賃の数か月分という形でまとまった金額を最初に大家さんに預けておくものです。
最近では、この連帯保証人や敷金が不要の物件も登場しています。そうした物件では、保証人や担保金の代わりとして保証会社に保証料を支払う契約になっていることもあります。

賃貸物件の条件は要確認

賃貸物件の条件は要確認 賃貸物件を借りる際は、事前に入居の為の条件をチェックしたり、相手に尋ねて確認することが肝心です。特に明記されていない限り、原則としてペットの飼育は禁止されるはずですから、大人しく小さなペットを飼うにしても、賃貸物件の契約前には要確認だといえるでしょう。
鳴かないから大丈夫、小さいから目立たなくてバレない、こういった入居者の認識の甘さは問題へと発展します。発覚していないからこそ、問題とならないケースが大半だと考えられますが、それでもこれから賃貸を借りて入居する人は、安心して暮らす為に確認を怠らないことが大切です。
万が一問題化すると、責任は確認を怠った賃借人にありますから、退去を命じられても文句は言えなくなります。
このような賃貸物件の注意点は他にも、楽器の演奏や友人同士のルームシェアがあてはまります。問題が発生してから知らなかった、この言い訳では決して済みませんから、契約書類に書かれていなければ、面倒でも確認して言質を取ることをおすすめします。築年数や周辺の治安、日常生活の快適性は事前にチェックするものですが、入居に関する条件の確認は案外と軽視されがちです。
問題なく住み始められたとしても、何かの切っ掛けで問題化すると厄介ですから、確認を怠らず入居を決めることがポイントとなります。

おすすめ不動産関連リンク

予約制でじっくり物件を探せます。

池袋 賃貸

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>